糸島イタリア食堂 ほっこり日記|イタリアン食堂トラットリアジロ

2013年7月
糸島市岐志より トレックづいてきました。


なんだか最近糸島では自転車購入ブーム

DSCN3398.JPG

DSCN3399.JPG

DSCN3397.JPG

DSCN3396.JPG

そしてトレック、2ヶ月後にはまたまた、たっかトレックが来るらしい。
なんだかトレックチームみたいになってきたな。catface

2013年7月 8日 20:19  カテゴリー: 糸島の風景 | コメント(0) |
ジロで糸島 何処までも転がる、ローリングストーンズ

今日はトラジロですhappy01
今日はお休み、梅雨が明けたのかえらいな天気。
とは言うものの、昨日の夜が忙しくだらだらとお昼前に。
先週は雨で、ローリングストーンズを仕込んでおいたので試しのり。catface
うひゃひゃひゃひゃ、いいじゃないですかい。
しゅ~と転がりますばい。
何をやらかしたかというと、たんにグリスの交換とベアリングボールの交換をしただけなんですがね。
グリスこれに関して調べたところ、はいろいろ書いてあってグリスを変えても変わらないという一方でかなり違うという話。
で、ネット上でみそくそのように言われてるデュラグリスがどうなのよてことだが、トータル的なところで言うと最高だということみたいだ。
防塵とか防水とか耐久面とか高性能をあまり殺さず高耐久を求めるとああゆうことになるらしい。
総じてよく言われてるクソということは当てはまらないな。ただし回転ということだけに特化してみるとそうはいかない模様だ。
どうも自転車のベアリングは自転車のホイルサイズのせいもあって、ベアリングとしては恐ろしく低回転で回っているらしいのだ。
高回転で回るベアリングであればデュラのようなグリスでも回転中はサラサラのオイルのような状態になるようだが、いかんせん自転車は低回転しかもストップ&ゴーということを繰り返すとあれば、もちろん初期制動に影響しそうであるしそういうことを書いている人もいた。
そこで、回るグリスということになるのだがクライトックスというデュポンのグリスがいいらしい。
そもそもテフロンというかフッ素系のグリスに添加されているのがクライトックスということらしい。
まあねフッ素を作り出したメーカーだからしてモノホンということになるね。
しかーしこいつがメチャくちゃ高い、うむむむ。
が、ネットで探してるとこいつを小分けで販売しているパーツ屋があったhappy02
誠にありがたいことである、どのみちこいつは普通のグリスと違いちょこっとしか使わないのだからね。
そしてこいつを仕込むことになるのだが、どのみちハブはそろそろメンテしたほうがいいだろうと思っていたし、フッ素系のグリスにはセラミックがいいらしいてことは情報収集していたので、ついでに交換。
そしてどうせならとリアディレのガイドプーリーもセラミック化。
105なんでガイドがベアリングでないのでこの際ということで、(メ・ん・)?
なんか最近変速がおかしいと思ってたらプーリーにガタが・・・・いやはや。
余計な話はよしとして、ハブとガイドそしてbbはもともとセラミック、駆動系がオールセラミック&クライトックス化
言うなれば転がる石、ローリングストーンズ。そしてストーンズは転がるね~何処までも転がるね~
ノンセレブなホビーライダーとしてはやったぜて感じだ。
そして思うのだが、ロードバイクを買おうか悩んでいる人がいてそのバイクが40も50もするんなら、はっきり言えることがある。
はじめてのバイクでそんなにするのを買うのなら軽くて早くて安いアルミフレームとかジャイアンとかかってローリングストーンズ化して早くロードのりになったほうが良いぞよ、お金はあとから貯めればいいが、今という時間は戻ってこないからね。
ただ~しストーンズ化して耐久性があるのかってことはわからないからそのへんは自己責任だね。
何ゆっちゃてんだ?てな人は調べてみるかやってみるといいな、だいたい当たってると思うよ。

DSCN3401.JPG

DSCN3402bro.jpg

DSCN3404bro.jpg

DSCN3407.JPG

DSCN3408.JPG

DSCN3409.JPG

DSCN3410.JPG

今日のライド。
馬場からシーサイド病院~大原宮浦~二見~彦山~ハニーコーヒー~彦山~二見~今津~馬場
馬場行きてっぺんからノンペダリングで52キロ帰り57キロという具合によく転がりまするcatface
やはりローリングストーンズは転がり続けるのである。


 

 

2013年7月 8日 18:12  カテゴリー: 糸島チャリ旅(ジロ・デ・イトシマ) | コメント(0) |
糸島市岐志より ローリングストーンズキタ━(゚∀゚)━!

今日はトラジロですhappy01
最近糸島の自転車仲間は乗り換えブーム、しかもタケさんはキシリとるしおかげでシャカシャカ走ってる模様。
かと言って私には先立つものはないのでキシリとれないのである。
そこでだ、ネットで見つけたお手頃チューンナップをやることに。
ま、ハブのグリスを変えるだけですけどね。catface
ハブを回るようにするには一番いいのはグリスを抜いてしまうことらしい。
実際競輪とかはハブを鏡面化してオイルを射すらしい。
しかーし、そんなことしたら当然毎回ばらしてメンテ、ハブもそんなにもたないという話だろう。
それは困る、で次に来るのがフッ素グリスを入れるということらしい。
そして、デュポンのクライトックスてのが最強らしいのである、というかこいつが数ある有名メーカーのフッ素入のやつに添加されているのがこいつらしい。それならばもちろん純生100%がいいのである、問題は恐ろしく高いということ。
いろいろと探しておると、小分けで販売している自転車パーツ屋があったので購入してみることに。
でもう一つ、フッ素系グリスと来るとセラミックボールが良いらしい。
ということで、コイツもネット上で自転車いじくり魔方々が上げていたベアリング屋さんから購入。
なにしろ中華セラみたいな粗悪品ではなくジャポンなので信頼性は抜群というか自転車にはやりすぎということらしいcatface

DSCN3393.JPG

で、キタ━(゚∀゚)━!てほどのことではないのだが、ローリングストーンズたちである。
なんのこっちゃ。
回転部に使う、セラミックじゃが~happy02転がる石たちである。
ちなみにしたのガイドプーリーはtni日本ではないが、意外と信頼性は高い方だと思われるもの。
それのやっすいやつ、コイツもグリスをクライトックスに変えてやった。

DSCN3394.JPG

黒真珠とか黒いダイヤとか書いてあったが、まさにそんな感じ。

DSCN3395.JPG

たくさんあるとキャビアみたいcatface

作業はというと、大層なことをするわけでもなく、ハブをばらしてグリスを洗って、組みなをす。
が、開けてみたらグリスがサラサラの状態coldsweats02ハブはヘタってなかったので良かったというところか?
フロントは購入したまんまだったが、リアはズラグリスで組みなをしてさほど経ってないはずだが。
ガッツなずらグリスがズラズラ、どうりで最近ホイルが軽い気がしたわけだ。
なんにしてもいいタイミングだったってことだろう。
なんの気なしに交換したガイドプーリーもガタが来ていた。
今日は走れなかったのでホイルの方は効果のほどは分からないが、動力の伝達系はかなり軽くなったきがする。
気がするだけかもしれないが、何事も思い込みと勘違いが大事なのであるcatface
めでたしめでたし。
細かいことを書いてません、嘘を教えても行けないので。ネットで調べれば嘘やら正しいのやら嘘やらたくさん上がってますので、参考にしてみればconfident


 

2013年7月 1日 19:23  カテゴリー: 糸島の風景 | コメント(0) |

前の5件 1  2

イタリアン食堂 トラットリア ジロ 公式ホームページはこちら
カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
マスター小林★プロフィール
美味しいものこだわっています!ご意見・要望に応える食堂です!

マスター小林@
福岡で育ち、糸島で生きています。
糸島の海に育まれた「食材」の良さを味わっていただけるよう。料理の味へのこだわりを持って、がんばっています!

料理だけでなく、糸島を楽しんでもらえるようブログで情報をお知らせしていきます。
よろしくお願いします。