糸島イタリア食堂 ほっこり日記|イタリアン食堂トラットリアジロ

糸島で鉄馬いじりその2

今日は、トラジロです。
時間と共に、がたのきだしたおいらの美兄貴(ビアンキ)、しゅうぜんも兼ねてファットでマッチョからダイエットしてスリム化をもくろむ。とりあえずネットで調べまくる。そしてある点にきずく・・・おいらの兄貴はクロスバイクなのである。今どきのロードなのかクロスなのかわからない奴でなく、いわゆるマウンテンバイクのロード化したようなやつなのである。95年製マウンテンバイクが人気な時代のやつなのである。そしてそこが問題の部分となる。何かというと、フレームがロードバイクよりビミョ~にでかい。エンド幅が違うのである。(エンド幅、ざっくりと言うなれば後ろのタイヤホイルの付いている所の幅ロード130mmマウンテン、クロス135mm)ん~~どうしたものか・・・検索、検索、検索。改造方法はあるようだ。あ!!なんで悩んでるのか??て思いますよね。簡単にいえば、ロードのホイルを履かせたいから。なぜに??クロス用のホイルにスリムビューティーなホイルのチョイスがない。んでもってもともとクロス用はフトマッチョタイヤ用なんで細めのホイルがないんですね~~でロードのホイルをクロスに履かせるには、当然そのままではフレームの方が大きいため、ホイルがフレームにかかりません。で方法その1、まずはハブ軸をマウンテン、クロス用の135対応のものと交換する。(ハブ、タイヤの中心のベアリングの付いてるところ)で当然フレームが5mmでかいので隙間を埋めなければなりません。その2、隙間のどこを埋めるのか、左側スプロケのない方5mm、左右2.5mmずつの選択肢があるようです。ある人は、自転車さんいわく左に5mm入れてホイルの中心がずれるので、2.5mm左側に触れ取りをすと書いていた。が触れ取りする技術があるわけでもなし・・・左右に2.5mmずつに決定。しかしよくよく考えてみると、チェーンラインはこの方法の方がきちんで出るのではないか??(チェーンライン、クランク側前ギアと後ろギアを結んだ線がたすきがけになると抵抗が増えチェーンのもちも悪くなる、したがってなるだけまっつぐになってたほうが良いみたいなこと)このやり方でなんとかいけそうなのである。番外編で、ロードホイルをそのまま無理やりナットで締め付けるなどと言ってるものがいたが当然却下。と、作は整ったので部品を注文ポチポチポチとな~便利な世の中なんであ~るcatface

DSCN1253.JPG

リアスプロケット10スピード

DSCN1254.JPG

DSCN1259.JPG

フロントディレイラー

DSCN1255.JPG

ペダル ちょい重たい感じ・・・

DSCN1256.JPG

DSCN1258.JPG

リアディレイラー

DSCN1260.JPG

10スピード用チェーン

DSCN1265.JPG

エンド幅135mm用ハブ軸

DSCN1264.JPG

軸間座シマノの場合、左側にこいつが入っている。んでもって細かなパーツが発注出来るので、近いサイズを探して発注2.5mmがなかったので、2.3mmでなんとかするのか・・・

DSCN1266.JPG

DSCN1267.JPG

セラミックベアリングのBB。クランク軸がつく部品耐久性が未知数だが、かなり回るらしい。

DSCN1269.JPG

シフト、ブレーキ、ワイヤーセット黒だと面白くないので、赤にしてみる。

DSCN1270.JPG

タイヤチューブ

DSCN1271.JPG

バーテープ

DSCN1272.JPG

タイヤ・・・何となく見た目でチョイスcoldsweats01

DSCN1273.JPG

DSCN1274.JPG

クランク コンパクトをチョイスと折角なんでちょいよしの105コンポで揃えてみた。果たしてうまく行くのだろうか??こうご期待。


 

2011年10月25日 15:11  カテゴリー: 糸島チャリ旅(ジロ・デ・イトシマ) | コメント(0) |

コメントの投稿

イタリアン食堂 トラットリア ジロ 公式ホームページはこちら
カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
マスター小林★プロフィール
美味しいものこだわっています!ご意見・要望に応える食堂です!

マスター小林@
福岡で育ち、糸島で生きています。
糸島の海に育まれた「食材」の良さを味わっていただけるよう。料理の味へのこだわりを持って、がんばっています!

料理だけでなく、糸島を楽しんでもらえるようブログで情報をお知らせしていきます。
よろしくお願いします。