糸島イタリア食堂 ほっこり日記|イタリアン食堂トラットリアジロ

2011年10月
糸島で鉄馬いじりその5

今日はトラジロですhappy01
美兄貴、組立編続きです。

DSCN1335.JPG

このへんからだんだん写真が面倒に・・・ざっくりと。早く仕上げたくなったものでcoldsweats01シフトレバーを取り付けワイヤー類をはめていきます。

DSCN1344.JPG

黒だと当たり前すぎるので、赤色のアウターケーブルにしてみました。

DSCN1337.JPG

ビンディングタイプのペダルにようやくなれます。しかしうまく使いこなせるのやら・・・靴が外れず立ちごけbearingよくある話。しかしこれでペダリングの効率は上がるでしょう。・・・こぐ人間がモンダイカ?happy02

DSCN1336.JPG

105の10スピードチェーン

DSCN1343.JPG

チェーン装着。だんだんそれれしくなってきた。

DSCN1338.JPG

バーテープを巻きま~すいよいよ大詰め。

DSCN1342.JPG

じゃじゃ~んlovely

DSCN1345.JPG

ネオモダンな感じでいい感じに上がったんではないかいなcatface自己満足。この後チェーン、ブレーキの調整をして完成となります。細マッチョからスリムビューチーな感じにダイエット変身成功。調整編へ続く。

 

2011年10月30日 20:28  カテゴリー: 糸島チャリ旅(ジロ・デ・イトシマ) | コメント(2) |
糸島で鉄馬いじりその4

今日はトラジロですhappy01
パーツの取り外しも終わり、いよいよ組立篇。

DSCN1303.JPG

ホーテックⅡ用のBB。セラミックのやつを選んっでみた。

DSCN1304.JPG

こいつにクランクをはめ込みます。

DSCN1305.JPG

ホーテック用の工具

DSCN1306.JPG

グリス。パーツを組む時には、グリスを付けるそうな。

DSCN1307.JPG

グリスを付け、ねじ込みます。

DSCN1308.JPG

右側BBは逆ネジになってます。規格によります。

DSCN1309.JPG

はめ終わり。いいんでないんcatface

DSCN1310.JPG

右側クランクを、貫通させたら左側クランクの取り付けです。

DSCN1311.JPG

2箇所ネジがあるので交互に絞めこんでいきます。

DSCN1312.JPG

次は、いよいよ問題のリアホイル。30mmリム高のやつ、見た目と値段でチョイス。

DSCN1313.JPG

ロードバイク用のホイルということで、ボルト、トゥー、ボルトの幅が130mm当然クロスバイクのエンド幅135mmより小さいためこの幅を広げなければ使用できません。

DSCN1314.JPG

そこで、こいつらの登場。左側、軸間座。右側、エンド幅135mmクロス&マウンテン規格のハブ軸を用意。

DSCN1315.JPG

ナットとハブの間の部品が軸間座になります。シマノのハブはもともとこの部品が付いているようで、丁度良いサイズを探しチョイス。ロードバイクホイルをクロスバイクに取り付けるやり方としては、軸を5mm長くして、5mm幅が足りないので、軸間座を5mm足すことになります。方法としては、左側に5mm追加して、ホイルの中心だしをする方法、これが正しいやり方らしいが、振れ取りは出来ようはずもないのであきらめ。ではどうするのか??左右に2.5mmずつ軸間座を入れる方法、よくよく考えるとチェーンライン的にはこちらが正解だろうと勝手に納得。実際は、2.3mmの部品しかなく倍にすると4.6mm。0.4mm足りんやんbearing目をつむって締め付けるてことも有りな範囲らしいがなんだか気持ち悪い。そこでスプロケット側用の。0.5mmスペーサーなるものがあったので挟んでおくことにした。・・・0.1mmオーバーじゃん0.4より0.1の方が誤差が少ないからいいのかcoldsweats01とりあえずハブ軸を交換。当然ここでハブベアリングが緩む、というか取れるので取り付け調整をしなければならない。で軸間座を左右にハメテ0.5mmのスペーサーは左にはめてみた。さてと、フレームに取り付けてみるか。0.1大きいのでアタリがあるのかと思いきやすんなり入る、ま0.1なんで誤差範囲なんでしょうが・・・

DSCN1316.JPG

ホイールの改造は意外とすんなり終わり、スプロケの取り付けに入ります。

DSCN1317.JPG

スプロケ用のロックリング回し。

DSCN1318.JPG

モンキーレンチで回し、スプロケ取り付け完了。

DSCN1319.JPG

完成したホイルにタイヤを装着。またまた見た目でチョイスのタイヤ。coldsweats01

DSCN1320.JPG

タイヤチューブ。・・・・後で問題がbearing

DSCN1322.JPG

タイヤを片側装着してチュウーブをはめる。この後タイヤを全部はめるのだが。

DSCN1323.JPG

よくあるやり方だとバルブ側からはめるのだが、たしかパナのはめ方にバルブと反対側からと書いてあったとはずなんで逆からはめてみる。理屈はわかりもうさん~~で問題のところ・・・リム幅30mmのホイルを買っときながら、バルブ長32mmを買ってしまってるやんcoldsweats02アタッチメントでなんとか空気は入るものの・・・きちんとした数値まで入ってるのやらどうなんやら。こら買い換えねば・・・・(m´・ω・`)m~ん

DSCN1324.JPG

タイヤチューブのことは諦めて、次へ進もう。フロントディレイラーの取り付けです。

DSCN1326.JPG

フロントスプロケとの間隔を付属のステッカーを見ながら調整取り付け。

DSCN1327.JPG

リアディレイラー

DSCN1329.JPG

取り付きました。

DSCN1330.JPG

ここでスプロケットとの当たりを調整。上から、張力調整ネジ、ハイ側調整ネジ、ロー側調整ネジ。チェーンを付ける前にここをやるといいらしい。まず、ハイギヤ側の調整。ガイドプーリーとハイギアの外側が直線になるように調整。

DSCN1331.JPG

続いてロー側の調整。ディレイラーを手で押し込みながら調整。ロー側のスプロケとガイドプーリーを揃える。と今日はこのへんまで。次回お楽しみ。confident




 

2011年10月30日 12:04  カテゴリー: 糸島チャリ旅(ジロ・デ・イトシマ) | コメント(0) |
糸島で鉄馬いじりその3

今日はトラジロですhappy01
先日パーツをポチポチポチと揃えて、いよいよしゅうぜん編です。ん~どこから始めればよいのやら??

とりあえず、一番邪魔なチェーンを外しますか。

DSCN1275.JPG

その前に、ビホー太マッチョ美兄貴(ビアンキ)をパチリ。さらばファットマッチョな時代よ~~スリムビューチーに変身だ!!

DSCN1276.JPG

適当な位置からチェーンを切りま~す。チェーンカッターをチェーンのピンにネジ込んで抜き取ります。当然チェーンは切れるわけですな。

DSCN1278.JPG

はい。切れました。長い間お疲れさん、はいこれま~でよ~~ばいなら。

DSCN1279.JPG

つづきましては、フロントディレイラー

DSCN1281.JPG

インナーワイヤーを外します。

DSCN1282.JPG

フレームより取り外し。

DSCN1280.JPG

つづいては、リアディレイラー。

DSCN1283.JPG

こちらも、インナーを取り外し

DSCN1284.JPG

フレームより外します。

DSCN1285.JPG

クランクの取り外しです。センターの取り付けボルトを外します。

DSCN1286.JPG

ボルトがとれた所

DSCN1287.JPG

反対側

DSCN1288.JPG

クランク抜き工具登場。構造的には、外側ボルト状の内側にもう一本ボルトがある感じと言えば分かりますかな?

DSCN1289.JPG

外側をまずクランクにねじ込み、内側を押し込んでクランクを抜き取ります。

DSCN1290.JPG

取れました。

DSCN1291.JPG

BBを抜きます。

DSCN1292.JPG

カセット式のBB工具

DSCN1293.JPG

BBにハメテ回します。

DSCN1294.JPG

ん。モンキーがはまらん。coldsweats02適当に買ってきたんがいかんかった。bearing買い直さねば。

DSCN1295.JPG

売り場にあるちょいよさげな奴に買い直す。買い物は感でするもんじゃないですな~~反省think

DSCN1296.JPG

メイドインじゃぱん。やはり日本製がいいですな。比べてみるとわかりますな。Cのやつはダメですな。

DSCN1297.JPG

無事に外れました。右側はネジが逆ネジになってます。規格によりいろいろありますが、日本仕様はだいたい逆ネジじゃないのかなと、素人判断。ちなみにおいらのは逆ネジということは確認しました。ここは間違えるとすとまずいのでcoldsweats01

DSCN1298.JPG

DSCN1299.JPG

フレーム内はサビもなく綺麗なもんでした。catface

DSCN1300.JPG

取り外したカセット式BB、一見綺麗なもんですが、手で回してみるとゴロゴロゴロ。こらークランクも回りませんな。などと一人納得。

DSCN1301.JPG

ブレーキレバーとバーテープを外しハンドル回りもスッキリしました。

DSCN1302.JPG

折角なんで、きれいに磨いてみました。とここまで、しゅうぜん編取り外しの巻でした。次回組み立篇お楽しみあれ。catface



 

2011年10月28日 17:44  カテゴリー: 糸島チャリ旅(ジロ・デ・イトシマ) | コメント(0) |
糸島牡蠣小屋情報

今日はトラジロです。happy01
夏が過ぎ秋になったかとおもいきや、今年は寒くなるのが早いような気がしますdespair夏っ子のおいらには辛い季節がやってきました。しか~し寒くなると一ついいことがあります。それは~牡蠣が食べれることですhappy02今年もいよいよなんかな??などと思っていたら・・・すでに始まってるやん。船越、加布里は既に営業。岐志も明日29日より営業となってます。・・・あすたやん。
http://itosima-kaki.askanditsgiven.biz/b04.html  ←かき小屋情報こちら 牡蠣に飽きたらパスタもどうぞcatface

 

2011年10月28日 14:10  カテゴリー: | コメント(0) |
糸島で鉄馬いじりその2

今日は、トラジロです。
時間と共に、がたのきだしたおいらの美兄貴(ビアンキ)、しゅうぜんも兼ねてファットでマッチョからダイエットしてスリム化をもくろむ。とりあえずネットで調べまくる。そしてある点にきずく・・・おいらの兄貴はクロスバイクなのである。今どきのロードなのかクロスなのかわからない奴でなく、いわゆるマウンテンバイクのロード化したようなやつなのである。95年製マウンテンバイクが人気な時代のやつなのである。そしてそこが問題の部分となる。何かというと、フレームがロードバイクよりビミョ~にでかい。エンド幅が違うのである。(エンド幅、ざっくりと言うなれば後ろのタイヤホイルの付いている所の幅ロード130mmマウンテン、クロス135mm)ん~~どうしたものか・・・検索、検索、検索。改造方法はあるようだ。あ!!なんで悩んでるのか??て思いますよね。簡単にいえば、ロードのホイルを履かせたいから。なぜに??クロス用のホイルにスリムビューティーなホイルのチョイスがない。んでもってもともとクロス用はフトマッチョタイヤ用なんで細めのホイルがないんですね~~でロードのホイルをクロスに履かせるには、当然そのままではフレームの方が大きいため、ホイルがフレームにかかりません。で方法その1、まずはハブ軸をマウンテン、クロス用の135対応のものと交換する。(ハブ、タイヤの中心のベアリングの付いてるところ)で当然フレームが5mmでかいので隙間を埋めなければなりません。その2、隙間のどこを埋めるのか、左側スプロケのない方5mm、左右2.5mmずつの選択肢があるようです。ある人は、自転車さんいわく左に5mm入れてホイルの中心がずれるので、2.5mm左側に触れ取りをすと書いていた。が触れ取りする技術があるわけでもなし・・・左右に2.5mmずつに決定。しかしよくよく考えてみると、チェーンラインはこの方法の方がきちんで出るのではないか??(チェーンライン、クランク側前ギアと後ろギアを結んだ線がたすきがけになると抵抗が増えチェーンのもちも悪くなる、したがってなるだけまっつぐになってたほうが良いみたいなこと)このやり方でなんとかいけそうなのである。番外編で、ロードホイルをそのまま無理やりナットで締め付けるなどと言ってるものがいたが当然却下。と、作は整ったので部品を注文ポチポチポチとな~便利な世の中なんであ~るcatface

DSCN1253.JPG

リアスプロケット10スピード

DSCN1254.JPG

DSCN1259.JPG

フロントディレイラー

DSCN1255.JPG

ペダル ちょい重たい感じ・・・

DSCN1256.JPG

DSCN1258.JPG

リアディレイラー

DSCN1260.JPG

10スピード用チェーン

DSCN1265.JPG

エンド幅135mm用ハブ軸

DSCN1264.JPG

軸間座シマノの場合、左側にこいつが入っている。んでもって細かなパーツが発注出来るので、近いサイズを探して発注2.5mmがなかったので、2.3mmでなんとかするのか・・・

DSCN1266.JPG

DSCN1267.JPG

セラミックベアリングのBB。クランク軸がつく部品耐久性が未知数だが、かなり回るらしい。

DSCN1269.JPG

シフト、ブレーキ、ワイヤーセット黒だと面白くないので、赤にしてみる。

DSCN1270.JPG

タイヤチューブ

DSCN1271.JPG

バーテープ

DSCN1272.JPG

タイヤ・・・何となく見た目でチョイスcoldsweats01

DSCN1273.JPG

DSCN1274.JPG

クランク コンパクトをチョイスと折角なんでちょいよしの105コンポで揃えてみた。果たしてうまく行くのだろうか??こうご期待。


 

2011年10月25日 15:11  カテゴリー: 糸島チャリ旅(ジロ・デ・イトシマ) | コメント(0) |

1  2  3

イタリアン食堂 トラットリア ジロ 公式ホームページはこちら
カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
マスター小林★プロフィール
美味しいものこだわっています!ご意見・要望に応える食堂です!

マスター小林@
福岡で育ち、糸島で生きています。
糸島の海に育まれた「食材」の良さを味わっていただけるよう。料理の味へのこだわりを持って、がんばっています!

料理だけでなく、糸島を楽しんでもらえるようブログで情報をお知らせしていきます。
よろしくお願いします。